縄文展

2018年7月26日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎一万年の調和の時代

私の大好きな縄文の展覧会です。この時代が好きなのはとても心が豊かな時代だからです。一万年も続く時代があるでしょうか。所有という考えを持つと人は争い、戦います。この時代は分け合い、再生を祈り、死を大切にします。この間行った千歳のキウス墓石群も二戸の御所野遺跡もお墓を中心にして環状型に家があります。お墓こそが蘇りの祈りを捧げる神聖な場所だったようです。縄文時代こそ自然と人と人の調和の時代だったと思うのです。

今回の縄文展の見所は土偶です。名だたる土偶が一同に揃っているのです。わくわくします。大学生のころ、自分は遮光器土偶に似てるなって思っていました。あの大きな目は眩しさを避けるためのゴーグルだったのか、、遮光器土偶もいいけれど、やはりもっと古い時代の土偶も素敵です。万博の太陽の塔のモデルになったと言われる筒型土偶もいました。造形的には、ジャコメッティも驚きの縄文の女神なんだと思います。なんと美しいプロポーションなのでしょうか。ほれぼれします。

土偶が一番出土している県は岩手県だそうです。東北の土偶にいいものが多いのです。北海道の千歳あたりから南の日本全国に縄文文化はあったとされています。その中で東北、そして岩手に土偶が多く発掘されているのは、もちろん県土が広いこともありますが都市開発が盛んでなかったからなのかもしれません。東京だって縄文遺跡があったでしょうが、開発優先で見ないことにしてきたのかなと思ったり、、二戸の御所野遺跡はほとんど当時のまま再現されているとのこと。そんな県ってあまりないかもしれません。
この原始の風景が、岩手県のいいところなんですね。

展覧会の縄文クイズにも回答しつつゆっくりと眺めていたら、あと30分という閉館のアナウンス。えっもう。あと半分もあるのに。残念すぎます。もう一度来なくては。

岡部泉

凌ぐ

2018年7月25日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎この数度で幸せになる

熱中症のような症状でしたが、低ナトリウム症みたいなものでした。普段高血圧の予防のために減塩生活をしていたのが、この暑さではかえってよくなかったようです。

早速、梅干しを買ってきました。この暑さには塩も補給ということです。

今日はほんの数度低いのでしょうか。気温は30度くらいだと思いますが、朝、駅に向かうときの気持ち良さったら、ああ、、幸せ。。ほっと体が休まります。このくらいだったら生きていけます。また暑くなるのでしょうが、ほんのひと時凌げます。

岡部泉

災害レベル

2018年7月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎これって熱中症?

テレビで熱中症で亡くなる人のニュースが流れます。ほんとにお気の毒とおもいながら注意をしなくちゃといつも水を持ち歩いています。

会社に行くと経理の人がこの間、熱中症で頭が痛くて寝込んでしまいましたと言います。こんな身近にも。そんなことを聞いていたら、なんだか頭がズキズキと痛くなってきました。なんだかろれつも頭も回らない、、ひょっとしてこれが熱中症なのか、、そうか、会社の私の部屋は西日がさして、なおかつエアコンがない。隣の部屋から冷房の空気をもらっているという環境なのです。温度計を買って自己防衛しなくては。

会社の子が急いで経口補水液を買ってきてくれました。だんだんと収まってきたような気がします。なんとも、恐ろしいことです。暑さに人は飲み込まれていってしまいます。なんと今日は観測史上最高の暑さだったようです。また新しい言葉が聞こえます。「災害レベルの暑さ」。これはいつもの夏ではない。もう災害と私たちは戦っているのです。地球をなんとかしなくては。

どうぞこの暑さが早く治まりますように。

岡部泉

土用の丑の日

2018年7月22日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎やれやれ、お疲れ様

今日は日曜ですが、北海道から打ち合わせに来られる社長さんがいます。ああ、、こんな酷暑の東京に天国のような北海道から日帰りで、、そんな急ぎの仕事って何?と疑問におもいつつ。。。でもお疲れ様です。

そして土用の日、(ほんとはおとといだったと思う)ということでお昼はうなぎにしようということになりました。渋谷の近くのうなぎ屋さんに行きます。我々は都合よく入れましたが店内は海外の人含めていっぱい。和食って浸透しているんだと改めておもいました。

だいたいうなぎというものは焼けるまで、お新香をつまみながら酒のんでダラダラといい気持ちになって待つべし、ですが、そうもいかずお新香と肝焼きは頼んで、待ちます。いやはや今日は待ちました。一時間と少し待つはめになりました。それでも少しは元気になったはずです。

外にでるともうそこにはこの灼熱のお昼に行列ができていました。いいときに入りましたが、これからが仕事です。ある意味ではこれも辛いのかな。

岡部泉

田老のウニ来たぁ

2018年7月21日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎塩水にふわふわと浮いている

宮古市田老の田老漁協さんからウニが届きました。塩水に入ったウニです。みんなでウニ丼にしていただきます。豪華ランチです。東京駅のビールバーのみんなにも持っていきます。

ウニの程よい甘さが田老の海を思い出させます。ああ、、私の亡くなった母はウニが大好物だったな。亡くなる年の7月の誕生日の時に、「うううにが食べたい、、」って言ってたな。今も生きてたらいっぱいこのウニを食べさせてあげられたのにね。。ごめんね。

ウニ漁はとても忙しい漁です。時間制限があるので、早朝のピーっという笛の音と同時に漁師の皆さんが我先にと必死で採りに行くそうです。一度ウニ漁の船に乗せてほしいなって頼んだら、ジャマだからダメ!って即座にお断りされました。あわび同様にウニは高く取引されるので、一秒を争う技を競う真剣勝負なのです。そりゃ、そうだ。

田老さんのH氏が「防潮堤は壊れても〜田老の海から〜」というブログを書いているのですが、そこにウニ漁の様子が臨場感豊かに書かれています。田老の風景を知る私としてはとても楽しく読ませてもらっています。田老のアラーキーを目指すH氏、いい写真が撮れるようにと願っています。
そうそう工場長のTさん、ウニ送ってくれてありがとう!アワビもよろしく!

岡部泉

嬉しいお知らせ

2018年7月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎うめひびき、よかった、ホッとする

いつもお世話になっているJR九州のホテルズの方から、連絡をいただきました。私が携わった旅館花べっぷとうめひびきが、熊本大分版のミシュランガイドに掲載されたというお知らせです。
花べっぷは「非常に快適」、うめひびきは「最上級の快適」でした。こういうお知らせが一番嬉しいです。特に昨年、オープンしたうめひびきはまだ知名度が高くなく、いつもどうなったかな、、と気にかかっていました。こうして認めていただけると本当に関わってよかったなとホッとするのです。

旅館をいくつ手がけても、オープンしてからお客様がどれだけ入るかでいつもドキドキしています。建築家と少し違うかもしれません。私が思う旅館のデザインは、アート作品ではありませんので流行ってくれてこそはじめて価値として認めてもらえるのです。

旅館のデザインをする時はお客様のニーズの少し先を見据えてつくります。ある時は一歩先、ある時は半歩先、そんな塩梅をグダグダと悩みながら図っています。

出来上がってしまえば、そのあと育ててくれるのは旅館の方々ですが、いつまでもいいサポーターでありたいと思うのでした。

岡部泉

盛岡セミナー

2018年7月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎在京盛岡広域産業人会総会セミナー・交流会

というタイトルのとても長いセミナーに出席します。ソウルオブ東北という東北支援の活動は岩手県を中心に7年目になりました。こうして長い間伺っているとお知り合いも増えるものです。

県の方は3年ほどで転勤されるのですが、また違う部署にいっても交流があります。今は東北の活動とは別に、八幡平市によくおうがいしています。交流会の会場の八幡平の工場誘致招聘の地図をみていたら、広大な土地がたくさん紹介されています。工場もいいけど風景になる工場になってくれないと、風景という財産を失ってしまうじゃない、と思うのです。

地域にとって風景は最大の財産です。それが資産になり観光の目玉となり移住のきっかけにもなる大切なものです。ぜひ、企業誘致もいいけど風景を大事にする規約をつくってほしいな。風景、これこそが資産。地域の一番大切な生き残りの方法です。

岡部泉

海外から見た和食

2018年7月18日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎東北の食に注目してくれている

今日は、ソウルオブジャパンのセミナーです。今回は「訪日者への正しい日本食文化の発信」と題して外国の方から見た日本食の魅力がテーマです。「フーディーズ ゴー ローカル」というウエブサイトを作られているイザベラさんとジョンさんが講演してくれました。京都に住まれているという根っからの日本食文化を愛する方々です。

講演の中で青森の話がでてきました。行政の仕事で行かれたとのことでしたが、歴史やなんやらを行政の人に話されることよりも、地元のお母さんたちがつくる風土食の会がとても素晴らしかったと絶賛されていました。東北の食はすばらしい!と。魚の燻製や漬物など地元の素材を昔からの保存法でつくる料理を紹介してくれたのでしょう。京都を知って、それから東北の良さをわかってくれるとはかなりの通です。
しかし残念なのは、東北自体が自らの良さを発信できていないことです。

アメリカに講演で行った時に「日本料理のこころ」という冊子をつくりましたが、次は「原日本料理のこころ」という本を作ろうと思っていました。今につながっている縄文の時代の食をテーマにしていきたいと思います。これはライフワークとしてやらないとなと改めて思いました。

岡部泉

暑さ満開

2018年7月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎命に関わる暑さって言葉

「今日も命に関わる暑さです」とテレビの天気予報士さんが言います。「命に関わる暑さ」、、こんな言葉あるんだと思います。もうそれはそれは危機的な暑さのこと。。。もう地球がかわいそうに思えます。

命をかけて、会社に打ち合わせにくる方の汗が止まりません。なんだか涼しい部屋にいたことが悪いくらいに思えます。

この暑さ、我々日本人の未体験ゾーン投入ということらしいです。聞いたことがない言葉が使われる今年の夏です。

岡部泉

母の誕生日

2018年7月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎何歳になったんだろうか

今年も母の誕生日がきます。
生きていたら何歳になったんだろうか。。

母のことを思うと被災地のお年寄りのことをせつなく思います。
今年の夏は暴力的に暑いです。ご年配の方はからだも疲れるでしょう。早くなんとかしてあげてほしいです。東北の教訓は生かされているのだろうか。被災地の体育館には早くからプライバシーを守るための白いカーテンがかけらえているのをテレビでみました。しかしそのカーテンも冷房が完備しない中ではかえって暑いのかもしれません。早く早く、なんとかしてあげてほしいと思うのです。

岡部泉