謝罪って

2017年4月11日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎常識は常識じゃなくなった

最近、うちの会社のことでとんでもなく間違った情報がとあるフリーペーパーに載っていました。全然知らなかったことですが、うちの社員の子から報告がありました。そうであれば、当然しかるべき相手に謝るのが当たり前であると思います。

昔だったら、印刷物であれば一文字の間違いも許されませんでした。うちのデザインの子にも、文章については厳しくしていて、何度も声をだして読み合わせをさせてきました。私たちにも忘れられない失敗がありました。あるプレスリリースをつくるのに、最後の入稿の時に印刷会社のスタッフがたった一文字の漢字を打ち間違えて、発注者であった私は平謝りでした。私もチェツクができなかった土壇場でのことでした。
もう二度と切羽詰まった入稿はしないと心に決めました。

しかし今は、情報も何もかもが薄い時代なんでしょうか。その主体者が全然違う記事を出した編集の代表者という人は、電話で、そちらのスタッフさんに電話するように言われて電話してるんですけど、、いやぁ、いつも原稿チェックしてもらってるんですけどね、、今回はそれしなくって、、でも修正文も出しましたし、相手さんにはもちろん謝ったし、、。もうそれでいいでしょってかんじで、何だか立場がおかしい、この人幾重にもミスがあるのに。
一番、謝るべき相手はだれでその間違いの責任ってなんだろうと思いました。電話での謝罪というのも簡単だなと思います。これがネット社会になった傾向なのか。。顔の見えない、背景も知らない電話の向こうのその人に思わず、あなたは何歳なんですかと聞いてしまいました。なんでそんなことを聞くんだというその人に、いつから文章や情報を印刷することの責任の重さは変わってしまったのかと、私の常識はもう常識ではないのか、それは世代なのか思っただけですと答えました。そしたら、一体年齢なんか関係ないじゃないかとムカつき加減にいわれました。

そう、こうなると年齢は関係ないかもしれません。その人の資質であり、そして個人的な社会観なのかもしれません。言葉や情報に対する価値観というものが全く違う人に、腹を立てていてももう仕方ないかと、何だか空虚な思いになりました。
今や情報は軽く賞味期間はとても短い。いろんな情報はただの字面で空間を埋めるものなのか。。メディアを扱う人たちの意識や誇りやミッションが変わってしまっているように思います。

そこらへんにある情報はまともに信じてはいけない嫌な時代になりました。

岡部泉

不安が、、

2017年4月8日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎何か起きなければいいけど

一日中、工事会議が続いたので、ニュースなどを見ることもなかったこの二日間。しかし、羽田から帰る電車でネットニュースをみたら、とんでもないことが起きていました。アメリカは急にミサイルとか発射してしまうんだ。。。
とても不安な気持ちになります。日本はアメリカに配慮したコメントを出し、一体どこへいくんだ。。

岡部泉

悲しみの日

2017年4月7日 | izumi | あかん湖温泉, イエローデータデザイン日記

◼︎優しくひたむきな人

急なことでした。毎回北海道で工事をするたびに、木彫の仕事をしていただいたり、作品つくりをお手伝いしたりと12年あまりもご一緒させていただいた木彫家の滝口先生が亡くなりました。

つい昨年の忘年会で一緒に笑ったりしていたのに。。あまりに突然でした。
訃報のお知らせを聞き、先生のアイヌコタンの店に伺います。一階の店舗兼アトリエには、作りかけの女性の木像に形取りの黒い線が引かれています。まだまだ作り続けようとしていたことがわかります。二階の部屋に上がると先生の隣に小さな椅子に腰掛けた奥様が下を向いたままでいらっしゃいます。とても仲の良いご夫婦でした。お声をかけると、お互い抱き合って、奥さまは涙をいっぱい溜めて「いつもいつも感謝してたんです」そう言ってくださいます。それはこちらこそです。鄙の座のウエルカムラウンジのために羽を広げたシマフクロウがいる大きな椅子を作ったもらったのが最初でした。私のスケッチから理想的な木彫を作っていただきました。スケッチをみてうんうんとうなづいて、ひたすらノミを持ち木に向かう先生の姿が思い出されます。網走の長く大きなバーカウンターには、オホーツクをイメージした文様を私がチョークで描き、その後先生が彫刻してくれました。そしてそのカウンターの端に先生と私の名前を彫り込んだ後、どうだといわんばかりのお茶目な顔も思い出に残っています。優しく本当にひたむきな方でした。

先生のお顔を拝見すると、まるでゆっくりと眠っているようです。あの女性像どうしようかなと作品の構想を考えているようです。ご本人もまだ気がつかれていないように思えます。
この日にここに来れたのも、ご縁です。先生にお別れと感謝を申し上げることができました。そして、またあちらの世界に行ったら一緒に仕事しましょうとお伝えしました。

岡部泉

北の工事会議

2017年4月6日 | izumi | あかん湖温泉, イエローデータデザイン日記

◼︎北の国にも春の気配

釧路空港に着いたら、何となく二週間前より春の気配がします。雪も少しだけ残っているだけです。東京はもう桜満開ですが、ここにも春の足音が聞こえて来そうです。

とのんびりしているのも、空港から現場に向かう一時間半ほど。夜中まで資料を作ったりして、結局寝る間もなく、朝5時ごろ起きて飛行機に乗ってやってくるのが出張なのです。こんな暮らし、いつまでできるんだろうと思います。

到着してすぐに打ち合わせが始まります。そして夜の9時ごろまで。すれすれでレストランに入れてもらって、現場の所長と一緒に駆けつけのビール飲んで、、ああ、、あとは温泉入って今日もおつかれさま。

岡部泉

古民家

2017年4月3日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎やはり古くなってもいいものはいい

もう20年ほど前に、まだ暇で工芸かアートか訳のわからない個展をしていて、その作品を見て連絡をいただいた方がいました。あまりにもその個展の作品が渋ったので、お会いするまで私をおじいさんだと思っていたそうです。会うと毎度毎度この話をするので、もうネタになっています。

その方は、東京の多摩地域で古民家の料理屋を三軒、そして台湾にも店を広げられて、庭や古民家、しつらえなどをトータルにやられています。雑誌で見るときには、かなりすましていますが、実はキミマロ大好きなギャグ連発オヤジです。70歳近くなるというのに42歳くらいの身体年齢らしいです。いつでも落ち着いていません。いつもせっかちに動き回っています。

今日は、その大きな古民家のお土産やさんを作りたいとのことで、そのお土産の商品を何にしようという相談です。私が親しく仕事をさせていただいている日本橋のお菓子屋さんをお連れしました。いつも都心にいる方たちなので、この田舎の古民家と川の音、そして桜に相当癒されたようです。この短い滞在時間に心がすっかり癒されたということです。

どんな時代であったも、心を動かされるものは自然であり、自然の素材です。古民家の美しさが、人の考えるデザインを超えてしまうのは、年月が加えた魔法のようなものがあり、それには敵わないのです。経年変化を恐れる商環境ですが、やはり本物は朽ちてもその朽ち方が美しい、そしてその美しさがわかってこそその経年変化は生かされるものです。再度、自分が求めるデザインとは、昔と変わらずこんなことなのだと思いました。

ただ、仕事では、なかなかそうはいかないのが実情です。せめてもや、つまらない薄ぺらな素材は使わないようにしたいと思うのでした。

岡部泉

桜咲いても

2017年4月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記

■どこか不安がつきまとう

朝、だんだんと目が醒めるときには大体は仕事のことを考え、次はこの時代がどうなっていくのかなぁと不安に思います。お花見もいいけど、いろんなニュースを耳にすると単純に浮かれているわけにもいかなくなります。

昨夜のニュースでは、核兵器禁止条約の交渉会議を日本がボイコットしたと言います。唯一の被爆国として、核廃絶の橋渡しをすると言っていたのはついこの間。大統領が変わってアメリカが方針を変えるとこうも翻るものなのかと、我が国ながら情けない思いがしました。いつまでも日本は核の傘の下にい続けないといけないのか、日本の確固たる信念と哲学はどこにあるのかとつくづく思うのでした。

岡部泉

桜遠のく

2017年3月31日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎お花見どころではない

昨日までいい調子で暖かかったのですが、今日は冬に逆戻りしたような冷たい雨。代々木公園の桜もこれでは、満開に至りません。

去年のお花見は、近所の洋食屋さんでお弁当を作ってもらい、会社のみんなとのほほんと楽しみました。今年はそれどころではない慌ただしい空気が漂っています。ただただバタバタと走り回る日々です。

しかし、ふと帰りの電車で思いました。休む間もなく忙しいことがひょっとして幸せなのかもしれない、時間があったら案外つまらないかもしれない、そして現役を退いた時にあんな忙しい時代が良かったなぁって懐かしく思うのかもしれない。

本来、怠け者の私です。誰かに言われない限り何もしないのです。何がやりたいということもなく、ただ誰かに望まれることをやってきました。そしたらいつの間にか、いろんなことをやることになっただけなのです。仕事がなかったら、いつまでも家で座っているに違いありません。

幸せは気がつかないものであると改めて思うのでした。
今日で3月はおしまい。明日から四月になります。
そうだ、会社に行くついでに代々木公園にぶらりと一人花見に出かけよう。

岡部泉

春という季節

2017年3月30日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎別れがあったり出会いがあったり

春という季節は、不思議な季節です。日本は、学校から会社まで3月が1年の節目なので人の移動の時です。ちらほらと転勤や移動になった挨拶のメールが届きます。そして、少し寂しい気持ちになるのは退職のお知らせです。

机の上にとても親しくさせて頂いているシェフから退職を知らせる手紙が置いてありました。西洋と日本の食を融合させた無国籍料理の先駆者であった方です。黄綬褒章を贈られた現代の名工です。大きな会社を仕切り、その方の名前のついたブランドは一世風靡しました。今でもそのブランドは続いています。退職の事はすでに知っていたのですが、改めてお知らせを頂くと、その方の功績ががどれだけ凄いものだったのかと思います。まだまだ情報もなく見習うものもない時代に単身フランスに渡りたくさんの国を回られて、日本で目を見張る新しい料理を出すレストランを作ったのです。まさに命がけで未知の境地を生み出したのでした。そのレストランは、大人の憧れの店になりました。

しかし、退職も束の間、すでに地域の食のためにあちらこちらに飛び回っていらっしゃいます。本当に元気な方です。一区切り、お疲れ様でした。また新しい人生の幕開けです。

春という季節は、別れや出会いがあって心が揺さぶれる季節です。別れは少し寂しいですが、すぐまた新しい出会いがやってきます。桜は咲き、そしてあっという間に散り、また来年蕾をつけます。時間は止まっていないとつくづく思います。

岡部泉

最強で最弱

2017年3月29日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎物語を作るやつ

今日も会議は続きます。朝ごはんは8時スタート。でもスタッフのT君が起きてきません。二日酔いかぁ?そういえば昨日もお決まりのように、懇親会の途中で眠りこけていました。寝ると起きないタイプ。この13年間変わらずよく見る光景。両肩を抱えてもらって部屋まで連行されていきます。ここでもやってしまったか。。大変申し訳ないことで、すみません。

本当に所々でやらかしてしまう物語をつくるやつなのです。朝からみなさんに謝ることから始まりました。それでもやつは寝坊してもケロリと朝ごはんにやってきて、ペロリと平らげます。デザートのヨーグルトが口にまぁるくついてメジロみたいだなって横目で見ていました。梅の郷にはメジロだもんね。そして朝ごはんが終わったら工事会議の前に朝風呂。

すごい。。。こうした最強のハートを持つT君。
さぁ気を取り直して、今日も頑張ろう。工事会議も快調。A君も風邪が治って快調。いいですね。

でも午後のおやつの時間から急速にその状況は悪化していきます。隣のT君、何やらうずくまっています。電池切れか?
実は本当に調子悪くて、苦しいらしい。どうやら甘い梅の実が苦手な体質だったみたいです。梅の郷に最弱。。
工事会議は無事終わり、福岡まで車で向かいます。でも時速40キロ。パーキングで止まり止まり。。5人も乗っているのに誰も運転できない、、代われない。あぁ、、やつに頼るしかないんだぁ、、

こうして、また物語をつくるやつになったのでした。

岡部泉

うめひびく

2017年3月28日 | izumi | 奥日田温泉 うめひびき

◼︎チーム力が増していく

今日は、大分は大山のうめひびきの定例工事会議です。朝早よから飛行機に乗って大分の梅の郷に向かいます。ああもしないとこおもしないとと、バタバタと資料を作っていっていつも寝不足です。

寄りによってスタッフのA君も風邪で具合が悪い。今日は会議中も熱があるのか静かです。心配になります。T君は相変わらずのテンションで、場がひやっとしたり緩んだり。。でも工事会議はみなさんの努力のおかげでスムーズに進み、嬉しくなります。

山登りのように、山の裾野では、まだ調子が出なくて苦しいのですが、ある所まで行くと、ようやく息が整ってきて足が軽くなっていく、そんな感じです。それでもまだまだ山の頂はもやがかかっているようで見えていません。

そして、夜はフルメンバー揃った初めての懇親会。ずらりとお酒が並びます。なぜか早いうちからテンションが上がっていきます。それは誰もが息が整ってほっとした証拠かもしれません。
お酒のピッチも早くてさすがに南西は強し。
お酒の力を借りてというわけではありませんが、コミュニケーションは今後の結束力になります。そうか、この方アメフトやってたんだぁとか、出身地を聞いたり、お年を伺ったり、、なんだかその方のプロフィールがだんだん見えてきて、親しみが湧いていきます。そこで改めて気づいたのは、私がこのプロジェクトで一番の年長さんだったということ。みなさん、思ったよりずっとずっと若いのです。いつまでも年齢の自覚がない私もどうかと思いますが、もっとしっかりしないとなぁと思いました。これからはお酒もほどほどにしないとと思いつつ、、

宴もたけなわ、今日は梅の郷にみなさんの気持ちが響いていくような素敵な夜となりました。
結局のところ、仕事は必ず終わらせなければならないのですから、どうせなら楽しくやった方がいいに決まっています。楽しくやるためには、やはり、いい人間関係を築くことからです。これからも大変なことが沢山あると思いますが、本当によろしくお願いしますと心から祈ります。

岡部泉