理想の光景

2018年4月29日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎インターナショナルでキラキラしてる

富ヶ谷でもご近所の会社の支社が八幡平にあります。今日はその会社で大学生の研修会があるというので、お訪ねしてみます。

その前に、八幡平山のアスピーテラインの雪の壁を通ってみようということにしました。青い空の下の反り立つ白い雪の壁。黒部の壁よりも少しボリュームは小さいと思いますが、十分な驚きがありました。雪の壁を通り抜けて八幡平山の懐に入っていきます。

駐車場で車を止めて、いざ八幡平山の頂上に向かいます。雪山にふさわしい装備で登っていく人々がいます。あれ、そんなに険しいの?こんな普段の格好で大丈夫と思いつつザクザクと雪を踏みしめ登っていきます。このワクワク感はなんだろう。昔、山が好きでいつか山の中で暮らしたいと思っていました。ここ何10年も仕事ばかりで体力も落ちて山には登らなくなっていました。でもやはり山は力をくれます。

あたりに構うことなく雪の上を歩いていると力が湧いてきます。というほど大変な登りではないのですが、久しぶりに味わう感覚に心が躍ります。八幡平山にはいくつかの沼があります。まだ氷が溶けていないので、うっすら透ける沼もモノトーンです。あと数日で青い瞳のような色を見せることでしょう。それをドラゴンアイと呼ぶそうです。白い雪と青い瞳のコントラストが見事だろうと想像します。岩手山の右や左に見ながら行くちょっとした雪山登山は本当に嬉しい時間でした。

八幡平山を降りて、知り合いの会社に向かう前にランチと思い、レストランを探しますが早々としまっているところが多く、ランチ難民となりました。連休の真っ只中というのに何と商売っ気のないことでしょうか。ここも人不足か、、

そんなことを思いつつ、知り合いの会社へと向かいます。この一山がこの会社の施設となっています。まさに森の中の会社なのです。自然と共生するというコンセプトを実際に行う会社なのです。建物も本当に素敵です。木々に囲まれた研修施設とゲストハウス。何もかもが自然の中にある知的で都会的?な感性なのです。社長さんが出迎えてくれました。学生たちも森の芝生で歓談。日本の子、フランスの子、ベルギーの子、国際的なのです。英語が普通に飛び交うそんな研修なのです。

環境建築を学んでいるフランスの男の子が、たどたどしい日本語で挨拶をしてくれました。何と礼儀正しく知的なんでしょう。ここは、ヨーロッパの森なのかと思うほどです。全てがキラキラしています。

散歩に行きましょうと社長さんが言います。森の中の散歩です。森の中を歩いているとクマが生息していることがわかります。脱皮したばかりの蛇もいます。日本カモシカにも出会います。動物たちや植物たちが動き出しているのです。森に春が来たのです。

それにしても何から何まで素敵な会社です。理想の光景が現実になっているのです。いつの間にかその研修に潜り込んで夕食までご馳走になりました。そしていつの間にかワインに手が伸びて、いつの間にかゲストハウスで泊まっていくことになりました。まったくもって若い頃と変わりません。なんとなく事が起きてなんとなく事が進んで行くのです。素敵な時間を感謝して素敵な部屋で眠ります。

岡部泉