東北の春

2018年4月28日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎柔らかな色彩にあふれる

久しぶりの東北を訪ねます。2月に来た時は雪に囲まれた白い世界の中でした。友人の農場を訪ねます。柔らかな新芽のペールグリーンがけぶるふわふわとした空気があふれています。桜や梅に加え可愛らしい野草たちの色たちががスーラーの点描画のように光を色に変えています。

水仙や一輪草やカタクリや白根葵、、本当にこの野草たちの花を可愛らしいと思います。野草をスケッチしたくなったらもう歳を重ねた証拠。小さな生き物にこんな風に思うのは、自分が歳をとって生きていることを愛おしく思えるせいなのでしょう。

川が浅瀬をサラサラと流れる音、山たちの上をかけ抜ける風の音、いろいろな音が協奏曲にように聞こえる里山です。脳の細胞の奥底までがリフレッシュされていくようです。
山の空の上を風の又三郎が駆け抜けていく、そんな絵が浮かんできました。

岡部泉