ひっつき虫

2018年4月19日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こだわりのプロ

友人に最近の面白かった仕事を聞いてみました。そしたらひっつき虫を探してたことでした。えっそれって何?よく子供のころセーターにくっついて困ったイガイガしたやつだよと。ああ、、あれね。野原を歩くつ幾つもくっついてきて、それに棘があって痛くて困った種子ね。

東京あたりでそのひっつき虫を探したらしいです。奥多摩とかまで行ったみたいですが、なかったらしく、ようやく荒川の土手で見つけて、その種を持ち帰り自分の家の庭に植えて育ててみたいです。

だってそれって雑草でしょ。なんで?
その友人は有名なCGアーティストです。なんかの映画のためにそのひっつき虫をCGで作らないといけなかったみたいです。そんなん写真からできたんじゃないの?だってそれがCGのいいところなんじゃないの。。そりぁそうだけど、それじゃつまらないんだよ。本物をちゃんと見て作りたかったんだよ。ああ、、そう。。。でも育てなくてもいいんじゃないのと思いますが、、

リアルに見せるバーチャルなものをリアリティをもって作るってことなんだね。
どこまでもアナログチックなこだわりのプロでした。

岡部泉