四月は片付けから

2018年4月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎苦しかった厚みがここにあった

明日から新しい月を迎えます。四月は日本全国新入生を迎える特別な月です。当社はいつも同じですが、それでも少し部屋を片付けして新規一転です。そんな余裕があるのも、九州の案件が終わったこと、北海道の案件の図面提出が終わったことなど、大きな事柄がひと段落したことにあります。昨年から今年の三月まで、同時に二つの大きな山を抱えていました。

何度も書き直した図面やたくさんの打ち合わせ書類があります。ああ、、こんな時もあったなと改めて思います。ゼネコンさんの顔が浮かびます。どうしてるかな。。
いくらデータ化していても設計は皆で現場で共有することが重要なので、やはり紙なのです。
その紙の束を積み重ねた厚み分の苦しみがありました。苦しかったけどすごく勉強にもなったな、、そんな思いが一番近いです。
そして、こんな私にこんなに大きな物件を任せてくれたことに驚きと感謝があります。

何となく部屋が片付きました。すっきりしました。今また新しい案件に向かっていますが、いつでも新たな気持ちで努力したいなと思います。
明日からみんなにも片付けしてもらわなくっちゃ。特にかだづけできない症候群のT君にはしっかり時間をあげてやってもらおう。

さぁ、新しいスタートを切ろう!

岡部泉