春の酔い

2018年3月31日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎人はどうして酔っ払うと声が大きくなるの

春は、学生は卒業したり、サラリーマンは移動したり出世したり、いろんな節目の季節です。そんな季節なので人で会う機会も増えます。もちろんお花見も重なりですが、、

そんな時にはみんなどんな時であっても「かんぱーい」と言ってお酒を飲みます。最近はそんな機会が多く体もやや疲れ気味。

そんな席でいつも思うのは、人はどうして酔っ払うと声が大きくなるんだろうってこと。きっとこの人もうこんなこと言っても明日は覚えてないんじゃないかと思いますが、どんどんと声が大きくなっていくものです。自分の人生観を語ろうとしたり、仕事だと売り込みに入ったり、なんだか偉そうになったり、だんだんとその場にいるのが面倒な気分になって逃げ出したくなります。そして次はみんなで写真を撮ろうとします。やれやれ、一体なんの記念?

とっても苦手。普通に楽しくしていたいです。仕事の話をしたり、趣味の話をしたり、そんなの大人の対応が好きです。

春の酔いはもっと洒落てないとね。

岡部泉