東北の桜は固く

2018年3月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記, ソウルオブ東北

◼︎盛岡のイタリアンレストラン

東京の喧騒とは全く違う世界が東北にはありますが、それでも盛岡はゆったりとした都会です。朝、打ち合わせの前にらぶらぶらと散歩してみます。東京の桜はもう開花したのに、まだまだ桜の枝の先の蕾は固く春が遠いことを感じさせます。

雪がちらつく静かなひんやりした空気の中、同じ時間なのに土地によってその時間の質は違うものだと感じます。それが人間に影響するんだろうって思います。それが文化や風土になるのでしょうか。

打ち合わせが終わり、近くの知り合いのイタリアンレストランにランチを食べに行ってみます。電話では話したりしていますが、数年前に行ったきりでした。山田町の人で津波でとてもご苦労されました。今でも彼の最初の電話を覚えています。もう、どうしたらいいのだろうと。でも何も答えることができませんでした。ただ一緒に被災地で炊き出しをしました。

今は、盛岡で店を再開して、とても美味しい山田町の牡蠣のパスタを出してくれています。今年の牡蠣は大きいそうです。今年は天候が悪く波が荒いので牡蠣も必死になって大きくなるんでしょうか。

苦労は人を強くさせます。牡蠣もそうなんだろう。私はそんな苦労が好きです。穏やかな優しい海もいいけど、厳しい顔を持つ海の方がどこか気持ちを強くさせる気がします。

また一緒にがんばろうね。やはり、料理人らしく店の玄関で見送ってくれた彼に、心のなかでそう伝えました。

岡部泉