加工場の意識調査1

2017年11月15日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎挨拶は心を開く第1歩

ソウルオブ東北の活動の中に働きやすい水産加工場プロジェクトがあります。

水産加工場には女性の力が欠かせず、90%は女性が働いています。若い子から60代の方まで、毎日分単位で仕事をこなしていく彼女たちは本当に優れた働き手です。この水産加工場は昨年来から続けているので二年目になります。お知り合いも増えました。成果測定のためのアンケート調査をお願いするのですが、待ってましたといわんばかりに沢山の意見がでます。第三者に話す方が気楽なのだと思いますが、その元気さには驚きます。ワイワイと加工場をどう良くしていくのかという熱い討論が続くのです。

中でも主任のT子さんは私よりも2歳ほど若い方ですが、みんなを束ねる要のような方です。もう定年になってしまうのが残念です。この方の統率力は本当に素晴らしいのです。皆に元気を与えるそのパワーはきっと男性も敵わないでしょう。
管理職は大体は男性陣ですが、いつか現場から管理職が生まれてくれたらいいのにと思いました。そんなお手本ができたらみんな、もっと頑張れるのだと思います。加工場の現場の女性の地位をあげるのも今回のプロジェクトの目的でもあります。

そんな話を管理職の方に提案をしたのですが、もちろんその可能性はあるんですよと言っていただきましたが、その空気は遠い未来のことのように感じました。

この一年の間に、いくつかの改善をしました。休憩室の断熱材をいれたり、スローガンをつくったり、人事考課測定を考えたり、就業規則をきちんと置いたり、休憩時間の明記をしたりと労働環境の整備をしました。

そして一番問題だったのは、コミュニケーション不足でした。まずは挨拶から始めました。「おはよう」「ありがとう」「おつかれさま」。管理職の方から声をかけてもらうことにしました。簡単なことのようですが、実行し持続するのは案外大変です。

挨拶とはまず心を開く第1歩、笑顔を引き出す魔法。

一年の成果報告では続けてくれているみたいです。その結果女性陣はとてもいい気持ちがする、やる気がでるという答えが返ってきました。中には挨拶をしても返してくれない上司がいるという意見もありましたが、それは個人的に修正をしてもらうしかありません。総体的にはコミュニケーションの第1歩としては効果があったようです。

それにしても熟女たちの力とはすごいです。パワーあります。このパワーをもっともっと認めてあげたいと思います。

岡部泉