森のくま

2017年11月6日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎森の中、くまさんに出会った

こんな歌があったと思います。まさに八幡平のブナの森の中でくまさんに出会いました。ブナの木の根元に何やら黒い動くものが、、20メートルくらい先に。どこかのお父さんが何かしているのかなと思ってよく見ると、黒いくまでした。

どきっ、、

こんな時どうするんだっけ?と考えつつ、その黒い物体から目が放せません。
その大きな黒いものの毛並みは午前の太陽の光を存分にあびてキラキラ光っています。肩のあたりはグッと盛り上がって力つよい量感を放っています。
くまっておおきんだな。もしこっちに向かってきたらひとたまりもありません。

静かに音を立てずにくまから離れて、道路に止めた車まで戻ります。くまが走ってきてもすぐ乗り込めるようにして暖かい日差しの森のくまの観察を続けました。
冬眠に備えてブナの根元に落ちた木の実を食べているのでしょう。木の実に夢中な様子でこちらには気がついていません。

宮澤賢治の「なめとこ山のくま」を思い出します。
小十郎が「熊。おれはてまえを憎くて殺したのでねえんだぞ。おれも商売ならてめえも射うたなけぁならねえ。」といいます。そして最後にはくまが「おお小十郎おまえを殺すつもりはなかった。」という話。

この話がとても好きでした。そんなことも思い出しつつ、くまと出会ったらどうするのかをスマホで調べる私でした。

無事、くまは木の実を食べてまた森の中へ去っていきました。するとその方向から森を歩く人がやってきました。こんなにくまと人間が近いところに共存していることに不安を覚えましたが、実際、これが森なんだと思いました。

岡部泉