うめひびきオープン2

2017年10月29日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎検査と試泊

施主検査が行われます。なんといってもギリッギリッの工事なので、なんとなく見ていたようで綺麗になってみるのは初めてです。皆でぞろぞろと見ていくのですが、ついつい一部屋で長居をする傾向にあります。ついでにオペレーションの話にまで及んでしまうからです。でもここが大事なところです。

内装においても多少の修正や手直しは出てくるものです。細かいところに気がつくものなのです。建築については散々気にしてきたので、今となってはどうしようもないので、この段階で私が気になるのは、家具や備品の置き方やらその精度です。もっとできたなぁと思ったり、こうしてもよかったなぁとか、、しきりに思われて心がざわざわします。どんなときも完璧はないんだなと思います。次はもっともっと早く準備をして完璧を目指したいと思うのですが、いつもそうならないのが不思議。それは一つが決まらないとその次のもののバランスが決まらないということなのです。いっぺんに決まる術を身につけないといけないです。

とにもかくにも、こうして形になったことでみなさんに安堵感がひろがります。
そして試泊が始まります。試泊は本来設備チェックなどのために行うのが目的ですが、もう一つの大事な目的はみなさんのご苦労さん会なのです。苦労を分かち合い思い出を語り、お互いをたたえたる会なのです。しかし、大概その余裕はなくこの際、ストレスをぶっちゃけたいことの方が多いのです。でもそうして沢山発散させて次へと進めるのです。

大変な工事ではありましたが、それでも楽しいことは沢山ありました。ああでもないこうでもないと策を練ったり反省会と称した飲み会、、それもこれもみなさんが同じ方向を見て進んだ共有感が充実感をもたらしてくれました。また一緒にやりたいですと言ってくれる若手の設計のT氏、設備を担当してくれたN氏。そうですね、次はもっとうまくやれそうです。そんな機会があればと思います。

およそ10ヶ月あまりの工事でした。あらためてお疲れさまでした。

岡部泉