梅の赤壁オープン

2017年10月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎ついにその姿が現れる

昨日まで足場の間から見ていた梅の赤壁がついに現れました。朝から足場を手際よく外していきます。少しずつその姿が、、
そしてついにその全貌が現れました。
おおおーーーっ。。。きたぁ〜。。

これまで一緒にこの赤壁をつくってきてくれた現場の方々一同、赤壁の勇姿に顔がほころびます。その姿は期待以上の堂々たるものでした。へんてこりんなデザインだと皆さん、疑問に思ったことでしょう。どうなんのと不安に思ったことでしょう。しかし、そのへんてこりんなデザインが、左官の名匠、原田氏の手によって風格が加わり、新しくも普遍性をもった意匠に変わりました。

ありがとうございます。原田さんにお願いしてくれて。
この赤壁は原田さんにやっていただきたいと、現場が始まる前から願っていましたが予算の都合もあり、なかなか言い出せないでいました。そこにとある偶然が重なり、原田さんがやってきたのです。これぞ、願えば叶う!でしょうか。しかし、それを許してくれた所長や皆さんに感謝です。

ベンガラの松葉びきの赤壁はしなやかな天鵞絨のような風合いに思えます。小端瓦は梅と雲と水をイメージしながらデザインしましたが、その全体はまるで天に向かう龍のようにも鳳凰のようにも見えます。

夕方、この赤壁に灯りが灯りました。するとその龍や鳳凰がさらに力強く浮き出して見えます。壁から動き出しそうです。ぼんやりこの壁を眺めているとこれまでのことが浮かんできますが、やはりこういう大変な仕事は完成した時の満足度が違います。

「面白かったね。またこんな仕事してみたいね。」と隣のN氏に言うと「ううう、、僕はしばらくはいいです。。」と言います。そうだね、大変だったもんね。すこし休もうね。

岡部泉