本気で何が悪い

2017年9月27日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎まったくだ、本気で生きなきゃつまらない

JR九州の会長であるK氏から本が送られてきました。「鉄客商売」に続く2冊目にあたります。今度の本のタイトルは「本気で何が悪い」です。本気です。どこか後輩と今のぬるっとした社会体質への触発にも思えます、結局のところ、本気でやったものがやっぱり幸せなのです。本気って新しい人生の場面を開いてくれるからです。

そりゃ、家庭も大事、子供も大事、大事なものばかりを人は持っています。しかし、私にとって、一番大事なことは自分の力を全力で活かすことです。(それが仕事と言ってるわけではなく)中途半端って一番後悔します。何も得るものがないからです。それが失敗であっても成果が出なくても、そこに学びがあるからです。

時折、体も壊すし、友達も失います。家族さえ失うことがあります。しかし、それでも得るものは大きく、それが自分の課せられた人生かと思います。まさに生業です。

そして、人にはやはり器というものがあって、それなりの器の中で全力を尽くせばいいのです。ないものねだりをすることは、やはり、自己を知らないものがすることです。夢は必ず叶うといいますが、それも違っていると思っています。本来神様がくれた器の限界を限りなく使い尽くすことが本望です。大概は使い尽くしていないのです。

K氏はまさに使い尽くしている方です。ご自身で戦いは自らのぞみ、戦いに勝つまで奮闘する。かつてそんな戦士がたくさんいた時代だったかもしれません。今は戦うことに制限をされている不幸な時代です。

この本の学びはたくさんあります。学びの19条があります。早速机の前に貼りました。
まず行動はキビキビ早く、ここからです。

岡部泉