引き継ぐこと

2017年8月10日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎無形資産は引き継げない

今日は、いつもお世話になっているホスピタリティの先生にお会いします。とてもダンディな方です。都会的でソフトな紳士というイメージです。日本人でこんな風にスマートに年を重ねる人は滅多にいないと毎回お会いするたびに感心します。時折ご連絡いただいていろいろな話をします。いつも私があちらこちらに行くので、いつも体の心配をしてくださったり、先生の会社の相談に乗ったり、今の実業界の話になったりと長いおつきあいをさせていただいています。

今日は、仕事を誰にも引き継げなかったねという話題。なかなか我々のような小さく個人商店のような仕事は引き継ぎが難しいのです。そこに商品やシステムがあればいいのですが、その人自身が価値になっているとそういうわけにはいきません。個人が信用の担保となっているものは長くは続かないし、続く必要がないのです。残すものは有形資産ではないのだと思うのです。しかし、また無形資産ってものが時代の変化がありすぎて難しい。
私は会社らしく何かを残してあげたいと思うのですが、それも社員にとってはお節介なのかもしれないです。なんといっても会社の寿命はどんどんと短くなりブラッシュアップして行く時代です。

ということで、結局はせめて元気でいようよというオチとなりました。先生はいつも体のメンテナンスを欠かさず行っていて、どこも悪いところがないんだよと言います。そうか、、やはりいくら個人商店でも優雅な個人商店とガサツな個人商店があるもんだと思いました。

先生はいつもバカンスをきちんととってるし、やはり余裕なんだなぁ。人間に必要なものって。時間もお金もでしょうが、やはり心の余裕が一番必要なようです。

岡部泉