生コン打ち

2017年6月30日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎つばめが低く飛ぶ

天気が悪くなるとつばめが低く空を飛ぶと雨が降ると言われます。つばめの餌となる虫たちは、低気圧が近づいて湿度が高くなって羽が重くなって高く飛べなくなるので、それを狙ってつばめも低く飛んでいるらしいです。

大分の現場は3階の生コン打ちの時期です。梅雨時なので雨か晴れかを決めかねる天候が続きます。どうやら生コン打ちは、現場のセンパイのプロの勘で早朝に天気を見極めて指示が出るらしいです。
朝、ホテルから現場に向かう我々の車の前に生コン車が2台よいしょよいしょと走っていました。これうちの現場じゃない、、センパイ決めたんだねと行ってる先につばめが低く飛んでいますが。。でも空は青く晴れています。さすがセンパイ。

ギュイーンギュイーンと現場に音が響きます。しかし午後から急な土砂降りに。でもセーフらしいです。一安心。これで東京に戻ります。今回もお疲れさまでした。

岡部泉