札幌へ

2017年3月23日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎雹が降る

東京はすでに春めいて気持ちがよい季節となりました。再び支笏湖の新しい旅館の工事会議のために札幌へ向かいます。なんと日本は細長い。雹が降り始めてきました。北海道は迂闊な格好ではこれません。

今日は全ての客室平面図を仕上げていく日です。全部違うのにしよう!だって面白いじゃない!というオーナーの一言で、そうなりました。パズルをやっている気分です。だんだんと頭が痛くなっていくほど複雑。苦労したわりには、反応薄し。きっとわかんないのです。そうでしょうそうでしょう。自分でも覚えられないのですから。だんだんと説明する方も聞く方も辛くなるのです。

そんなこんなで、頭が痛くなったので昼ごはん休憩。雹が降る街中でしびれる担々麺を食べにいきます。しびれ度合いが選べる担々麺です。こんな寒い日にはナイスチョイス。

こうして私たちの仕事もこれで一段落して、あとは変更箇所を修正し、あらためて図面を整理して、構造計算と申請図面へと向かってもらうことになりました。ここまで長かったなぁ、、4年位前にこの土地にあった建物を生かす計画から始まり、概算が合わなくて頓挫し、次はやっぱり新築にしようということになり、図面を起こしていたら、CLT工法で建てようということになり、そしたら、案外えらい見積もりが出てきて、昨年12月にやっぱりRCにしようってなって、その時すでにクタクタ、、もう年明けから仕切り直しだなって思ってたら、急にオープン日から決まって、おぉーーい、早くデザイン起こせぇ、、間に合わんぞぉってことになって、ここまで3ヶ月全速力で来ました。

本当に長い長い序章の案件なのです。。。

そして、夜ごはんは北海道料理の店へ。毛蟹です!蟹の中で一番甘みあって毛蟹が好きです。それも冷凍じゃないちゃんとした毛蟹です。今年は毛蟹が取れなく、これは貴重品。でももう寝てないから力が出ません。蟹って美味しいけど面倒くさいのです。工事会議で一緒のK料理長が手早くさばいてくれて、あぁ、、極楽。うまぁーーい。辛い仕事もうまいもんで癒されます。

岡部泉