和の達人

2017年3月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎楽しい仕事しかしない、、って

もう十何年も前からの仕事を一緒にさせていただき、今でも時折り連絡をとっている和の達人のような方がいます。本業は青梅の素敵な古民家で料理屋さんを三軒、運営されています。三軒で十五万人もの人がやってくる繁盛店です。最近はアジアにも進出。。。それだけでなく頼まれて古民家の再生やら、料理の指南やら、、四方八方、いろんなことをされています。

この方に出会ったのは、本当に不思議で、私が適当に描いているおじいさんシリーズの絵があるのですが、それをある店で見て、訪ねてこられたのです。何を良いと思ったのかわかりませんが、会う時まで、私のことをおじいさんだと思っていたそうです。そうですよね。あんな脳天気な絵なんて、暇つぶしのおじいさんが描きそうな絵です。

いつも、「どう生きてる?楽しんでる?」と聞かれます。「バタバタしています」と大概答えるのですが、「もっとどうして遊ばないの?」と言われます。「そんな時間がないのです」というと、「ダメだな、もう生きてる時間なんて少ないんだから、もっと楽しまないと」と言われます。その方はもう楽しい仕事しかしないと言われます。

「そうなんだぁ、、いいなぁ、、そりぁそれなりに安定していますもんね、、」と皮肉まじりに答えます。
まだ未熟者なので楽しむほど余裕はないし、そんな気分にはなれません。ただただ、責任を感じたり時間に追われて焦るばかりです。面白いなぁと思う時もありますが、我に帰るとまた不安になったり。

明日もまた、今日やれることはやったし、飛行機に乗って南へと旅たちます。

「楽しい仕事しかしないんだよ」

そんな身分に早くなりたいものです。

岡部泉