三陸の水産加工場

2017年2月28日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎三陸の海は三陸ブルー

今日は、岩手県三陸水産加工場の支援活動で釜石に向かいます。お天気に恵まれて久しぶりに青い海を眺めます。海はどこも天気のいい日は青いのですが、何となく懐かしく見慣れた三陸の海の色に思います。今日は見事な三陸ブルーです。。

震災から私たちが支援活動に入ってそろそろ6年が経ちます。その活動のひとつである働きやすい加工場プロジェクトは三年前から始まりました。今年度最後の打ち合わせとなります。働く女性たちの意見を会社に伝えながら職場改善を行ってきました。いつも冷たかった休憩場は断熱材が入った床となり、見事に温かな床となりました。水産加工場は魚を扱うので女性にとって冷える職場なのです。また膝が痛くなる熟年の女性たちには低めの椅子が整備されました。就業規則がいつもわかりやすいところ置かれたり、会社のスローガンが掲げられたり、自分たちの食品が食べられたり、別部署の人たちと話し合えるワイワイランチも始まりました。今日はその改善の成果を聞く日なのです。いつもお話を伺っている女性たちが感想を聞かせてくれます。待ってたのよ、と勢い込んで話をしてくれました。

こんなに会社が変わるなんて、本当にこの会社で働けてよかった、会社の考えもわかったからこれからもここで働き続けたい、、などなど、嬉しい声が聞けました。本当にありがとうねと言っていただけましたが、本当にこうして聞く耳をもった社長さんたちがえらいのです。そしてこの会社を好きな皆さんがえらいのです。こうして両者をつなぐ役でした。やはり第三者って大事なんですね。

また、来年度も引き続き改善計画をすることになりそうですが、今日は日帰りで東京に戻ります。移動の合間合間に、仕事の指示を出したり連絡をとったりとばたつきながら新幹線に乗り込みました。

今日は少しは東北の役に立てたのかなと思うと同時に、我が社はどうなのかな、、と思う複雑な気持ちになる長い1日でした。

岡部泉