相馬漁協

2016年12月9日 | izumi | ソウルオブ東北

◼︎試食会に浜のかあちゃん、漁師たちの料理

引き続き、相馬に入ります。まだ試験操業しかできない浜の皆さん。それでも浜の魚を使って商品をつくりたいというのでそのお手伝いをしています。

まだまだ原発のどうにもなりません。それでも前に進むことを選んだのです。

底引き船ちーむは短い時は1日、長い時は3日ほど船上にいて、1日4食食べるそうです。朝、昼、夜、夜。そのご飯をつくる人をまんま炊きというそうです。そのご飯をまんま飯といいます。この「まんま飯」をタイトルに使いませんかと意見を出しました。

小型船は大体刺身にして食べているみたいです。あまりお金にならない魚でもうまいのがあんだよといいます。そんな魚を製品にしたいとのことです。いわゆる「俺のさかな」って感じです。

浜のかあちゃんたちは、順調に開発を進めています。さすがに浜のかあちゃんは現実をよく把握しています。着々とチームワークよく進めています。

今日は、そんな彼らの浜の料理を商品化する6次化プロジェクトの試食会です。いつもお世話になっている岩手の司厨士協会の会長をしている狩野シェフにきていただきました。相馬出身なのです。

しかし、ここには加工場がないので。商品にすうるには、品質管理や加工場探しなど難関はたくさんあります。商品は、相当な戦略がないと売れないものです。道は遠いけれども、これも勉強です。

ひとつひとつクリアしていこうとおもいます。

岡部泉