大沼へ

2016年8月2日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 大沼オーベルジュ物語

◾︎喉、痛い痛い

今日は少し声がでるようになりましたが、咳が治まりません。周辺の人たちも喉が痛いといっています。どうしてなんでしょう。泊まっていた寮が新築だったからでしょうか。また内装や造園工事で細かな粉塵がでるのでそれが喉にくるのでしょうか。いずれにしてもみんな疲れているのでしょう。

今日から、レストランの暖炉に鉄の枝をつける作業に入ります。いつもの鉄のチームがきて足場を組んで溶接していきます。今回の暖炉のイメージはずばり大きな天をつく樹木、エプイの象徴です。どうなりますやら。。心配で見ていたいのですが、咳が止まらないので一度東京に帰って病院に行くことにしました。まさに満身創痍って感じです。

岡部泉