エプイ工事会議2

2016年7月3日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 大沼オーベルジュ物語

■お昼はお決まりのところで

北海道の旅館やホテルは大概、国定公園の中にあります。大自然がごちそうなのです。となると、お昼を食べるのも選択肢がありません。その中でのお気に入りは二つ。民家のようなおそば屋さん。いつも地元の季節の天ぷらがあるのです。今日は、なんとジュンサイの天ぷら。ジュンサイ好きのわたしは、すかさず、生のジュンサイも注文。そばつゆで食べるのです。

昨日もきたので、顔なじみとなりました。このジュンサイ大きいですねというと、いやいやもっと大きくなるだよと。大沼のジュンサイ採りを見に行きたくなりました。

もうひとつは、ひこま豚やさん。お肉やさんみたいで、お肉の部位と調理法、ステーキかトンカツかしゃぶしゃぶか、そしてソースが選べるのです。いつもフィレのステーキにしてもらっています。ソースはバター醤油。脂もおいしいです。

この二つを行ったり来たりのエプイ工事でした。

岡部泉