アメリカの料理大学

2015年4月10日 | izumi | C.I.Aレポート, イエローデータデザイン日記

■ソウルオブジャパンのイベント

今日は、2010年の10月にアメリカのナパバレーにあるCIAという料理大学で開催された日本料理のイベントでお世話になった校長先生が講演をされます。そのイベントは日本の懐石からお好み焼きまで多くのシェフたちが参加して行われました。私はその裏方と日本文化の講義をさせていただきました。ソウルオブジャパンという財団をつくるきっかけにもなりました。そして多くのジャーナリストやシェフが集まり、アメリカでも大変注目されたイベントでありました。今日は、その時に一緒に行ったシェフたちなど懐かしい面々もやってきました。

グレッグ校長がCIAの歴史やコンセプトやその授業の内容、経営の仕組み等を講義してくれました。何ともアメリカは徹底した教育をしています。見習うことが沢山ありました。まず驚くことに、ニューヨーク、ナパバレー、シンガポールと素晴らしい環境に立つ施設がすべて寄付で支えら得ていることです。アメリカ一かと思われる素晴らしい図書館の紹介もされていました。それはあのヒルトンホテルが寄付したものでした。文化や教育のために企業が多額の寄付をする、税法の違いもありますが、日本ではなかなか出来ないことです。

次に驚くのは、料理をつくる技術だけでなく、環境学、経済学など多彩な分野から考えることを生徒に促していることです。わかりやすく言えば、料理の前にある食を生きること、つなげること、分け合うこと、無駄にしないこと、人間の分限とともに学ぶのです。日本にも食大学構想は、いくつかの地域で考えられています。日本が本来、食に対して持っていた分別を系統づけて考える施設ができてこそ世界遺産たる和食が世界に理解してもらえることと思います。

岡部泉