また始まる

2013年12月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 郷土力を探る

■北海道の設計シーズン

また、今年も始まりました。来年の春にかけて設計デザインの案件が数件あります。北海道のトップシーズンは国内ではやはり夏。そしてインバウンド方々には、冬。ゆえに二月から三月ごろに工事が始まる事が多いのです。となると、年内に設計を整え来年には、見積もりやらを取り発注するのです。

今年は、安倍さんのおかげで、日本全国の公共施設など工事発注が多い事、それに加え消費税値上げで民間の住宅やらマンションの駆け込み需要が重なり、工事の人工が確保できないのです。(東北だって大変なのに、、、まずは、東北復興からにして欲しかったです。)

そんな理由で小さな工事は、受け手を探すのが四苦八苦です。スーパーゼネコンさんは、既にお腹いっぱい。地方ゼネコンさんも仕事に困っていない。でも小さな工務店さんではやり切れない。いつもは数社の相見積りですが、今季はそれどころではなさそうです。

なんでも国のやることは、考え無しの様な気もしますが、これも何んだか特定の誰かの為が儲かる様な作戦何だろうと思います。

岡部泉