花べっぷにべっぷ咲く

2013年4月18日 | izumi | 別府温泉

■べっぷという椿があります

九州は大分別府に昨年、花べっぷという宿をつくりました。別府にべっぷという椿がありました。竹と椿のお宿という可愛らしい和みの宿として作って、この4月で一年がたちます。今日は、花べっぷから社長さんがごあいさつに来てくださいました。今年そのべっぷという椿に一輪の花が咲いたそうです。うすいピンク色の椿です。来年はもう少し花をつけてくれることでしょう。楽しみです。

一年たって、稼働もあがりまずまず、、ほっとしました。施設もサービスもとても好評だということ。そして、うれしいのはとてもリピート率の高い宿になったことです。

リピーターの一番年少さんが6才の小学生の女の子らしいです。中学受験に合格したお祝いにご両親が好きなところに連れってあげると言ったら、「花べっぷがいい」と答えたそうです。以前、泊まりに来てとても気に入ったそうです。どうやら、受験で疲れてしまって、癒されたくて来たとのこと、子供だって癒されたいのです。かわいらしい常連のお客様ができて良かったです。

宿というものは、一年一年成長していくものです。つくるのは私たちの仕事ですが、育てるのは旅館の皆さんです。嫁に出した子が、みんなに可愛がられて元気で働いてくれている、良い方々に育ててもらってありがたい、そんな気もちになりました。

岡部泉