手の仕事

2012年10月21日 | izumi | 風流生活日記

■手の仕事を大事にする理由

手の仕事、日本の地域には、手の仕事がまだまだ沢山あります。工芸、農業、漁業、畜産、、、大抵、効率の悪いものです。漆のお椀一つを作るのに一体何工程の仕事があることか、、一頭の牛を育てるのにどれほどの世話をするのか、、

便利から、全く逆向きにあるこれら手の仕事。便利すぎると大概、人間はなまけものになるし、また、便利を追求しすぎる図々しいヤカラになるものです。そのリスクは案外大きく、ボディブローのように徐々に効いてきます。便利の追求が人間の性だとしたら、同時に便利の使い方も学ばないと便利という魔物にあやつられてしまいそうです。

手の仕事を考えることで、便利の使い方がわかるというものです。

そのために、風流生活というブランドはあります。

立ち止まって考えること、ゆっくり散歩すること、ぼんやり空をながめること、米と豆を日常食にすること、手の仕事を生活に取り入れることなど、大したメッセージではありません。そんな良い加減な暮らしがいいのです。

今の私に、必要な暮らしであることには間違いない。。。

岡部泉