ようやくラフ完成

2011年1月4日 | izumi | C.I.Aレポート, イエローデータデザイン日記

■絆と希望

シェフズレポート、ようやく最後のページまでつくりこんで、力石先生にお見せできるところまできました。夕方先生にもみて頂き、とても喜んでいただきました。私は先生のこの笑顔のためにがんばっているような気がします。

三日間ずっとパソコンに向かい、動いているのは、両手だけの姿勢を続けているとお地蔵さんになったような気分です。これでは、足も退化してしまいます。最近は歩いているとつまずいたり、がくっと膝が折れたりと、切ない感じになってしまうのもこういう暮らしのせいかな。。でも先生の喜ぶ顔を見ただけでこの疲れも飛んでいってしまいます。

皆さんのレポートを読みながら、少し手直しをさせていただきました。これはもう身内の作文を添削している気分。でも皆さんのレポートを読んでいると、人となりがとても良く出ていてついつい、笑ってしまったり、感心してしまったり、ぐっときて涙が出そうな時もあるのです。感動なのです。ほとんどの方が書かれている気持ちは「絆」です。そして、日本料理が向かう未来への明るい希望です。シェフズレポートのページの最初には、「絆と希望」と書きました。是非、みんなの感動の絆のドラマをみて頂きたいと思います。

岡部泉