新年のヨーガ

2020年1月3日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎体にスペースをつくる

体メンテナンスを今年の目標に掲げたので、新年早々、近所のヨーガ教室に行きました。今日の先生のキーワードは「体にスペースをつくる」でした。何?それどう意味?

筋肉やら骨やら内臓やらくっついてしまっているものをリリースするという意味なのでしょうか。体にスペースをつくるという表現がとても面白いと思います。目に見えない(解剖したら見えるのですが)ものをイメージしたり体感しながら探っていく、動作プラス呼吸プラス意識でスペースをつくる。

ヨーガっていう言葉はもともとつなぐという意味だったように思います。カチカチの私がそんなことを言うのも僭越ではありますが、もし、ヨーガの達人になったとしたら、きっと肉体も精神も、体内も体外も関係なく解放されたような自由な気持ちになるのではないかと思います。つまり全てのものとの調和をとるということ。そうなってはじめて心地よい体の声が聞こえるのではないかと思います。

そう考えると、ヨーガは、もともとかなり高尚な魂レベルな修行なのであって、達人の道は遠いと感じるばかりです。
今現在の私は「ストレッチによる基本的メンテナンス」という段階なのです。
しかし、嘆いていても仕方なく仕事を続けるためにも、現状を知り、分析し、その上で日々の劣化と硬化を止めることからです。まずは前傾になった肩を正しい位置に直して、肩甲骨の可動域を拡張することから始めないと、六十肩はいつまでも続いてしまいます。

帰り際に、先生に「最初はできなくていいのよ、少しづつね」と励まされて。。お正月の三日坊主にならないようにしなくては。

岡部泉