年が明けて

2020年1月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎気がついたことはやろう

昨年の台風による災害は、これからも起こり得るという予告のように思えます。地球の気候変動が私たちの国にも影響をもたらしているだと思います。

年があけて、日本がたくさんの海外の人を迎えるオリンピックイヤーとなりました。朝から企業の駅伝が行われ、その走りを見て選手の調子もわかったりして、最後の一枠のマラソンの選手は誰になるのかと気にもなります。たくさんの選手が、一生懸命、人生をかけているのですから、当然応援するべき。

しかし、地球も応援しないととつくづく思うのです。

昨年の悲しみの中で特にショックだったのは、中村哲さんがアフガ二スタンで銃撃にあって亡くなったことでした。なんと惜しい人を失ってしまったのだととても悲しくなりました。以前、ドキュメンタリーで多くの失敗や苦難を乗り越えて、水のない荒地に水路をひく姿に感動し、この人こそ本当の偉人だと思っていました。水が緑地を生み、産業を生み、人々の暮らしを安定させ、心も潤わさせる。たった一人の負けない力が多くの人たちの豊かな未来をつくるんだと感心します。

自分にそんな力はないとしても、できることから始めよう。まずは脱プラスチックから始めよう。気がついたことはちゃんと見逃さないでやるようにしよう。
本当の豊かさを未来につないでいきたいと、新年にあらためて思うのでした。

岡部泉