煩悩の数108

2019年12月29日 | izumi | イエローデータデザイン日記

スクワットも煩悩の数

最近、四十肩だか五十肩だか六十肩だか、わかりませんが、肩が痛くなることが多くなりました。その原因は、パソコンの長時間使用や飛行機や新幹線の移動の多さで、肩や腰が固まることにあるのかと思います。つまり、肩が前のめりになっているのだと思います。

筋肉というのは、一つの箇所から思いがけないいろんな部分につながっているらしく、知るほどに面白いものです。
筋肉を柔らかく保つことがとても大事だと考えるようになりました。これからどんどん年をとっていく先を考えると自己防衛をするべきです。腰が曲がったり歩けなくなったりしたら一人暮らしは困ります。何か始めねば。。

ということで、こんなカチカチになる生活で毎日自分なりのストレッチをしていても効果がでないのではと思い、勇気をだしてヨガ教室に行ってみました。
しかし、なんともむずかしい。呼吸と筋肉の話なんですね。ヨガというものは。手も足も指示された位置に届きません。ポーズになりません。
初心者には到底ついていけるはずもなく。。

ついでに、エクササイズ教室を連続して受講。ここでもまた、体幹というものを失っていることに気付かされます。片足で立つって大変。若い頃は、片足で何十分も立ち続けられたのに。。
エクササイズ教室の若い健康そのものの先生が、「今年も最後です、煩悩の数だけスクワットしましょう」と言い出します。えっ、なんで今日?。。大丈夫、、できるの?つまり108回ってこと。
その回数の数え方もなんともゆっくり。除夜の鐘ほどのぼーーんという余韻をもって回数を数えてくれます。
年末に慌てて始めることにあまりいいことはないかもしれませんが、何でも始めることに意義があります。このエクササイズが続いていけば、そのうち体も変わってくるかもしれません。

まずは姿勢を正し、しかるべき呼吸をし、柔軟な筋肉をつくり、きちんと血流を流せる体になろう。そうすれば血圧も下がってくれるでしょう。ここまで年をとってようやく体つくりを始めるとは。。。いつも切羽詰らないとやらないタイプなんですね。

岡部泉