ワンチーム

2019年9月20日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎こんなに会社のお手本みたいなスポーツはない。

いよいよラグビーワールドカップが開催されました。北海道の締め切り間近の図面を前にしつつ、会社の小さいテレビで、横目ながらに観戦。応援に力が入ります。もう図面なんて考えている余裕はありません。もう仕事は中断!会社の冷蔵庫から缶ビール持ってきて、ひたすら応援。テレビの前の応援なんて届くわけないんですが、それでも応援せずには入られません。本当は会場に行くべきだったんだろうと思います。4年前のワールドカップ、南アフリカ戦の奇跡の勝利から、日本のラグビーはどんどん強くなっているはず。すごいプレッシャーなんだろうと思います。

そして、そのプレッシャーを乗り越えて、勝った!本当に良かった!ビールで乾杯!声が枯れました。

それにしてもラグビーというスポーツは本当にすごいスポーツです。日本人にとっては、体格的に言えば厳しいスポーツですが、チームをつくるということにおいては向いているように思います。みんなは一人のために、一人はみんなのために。そうなんだ。会社は社員のために、社員は会社のために。そんな会社があったらいいですよね。会社のお手本みたいなスポーツです。

しかし冷静に考えてみたら、優秀なチームは広い底辺の中からチームに適した選ばれしものが集っているということ。仲間に思いやりをもてる心を持てる人がラグビーを愛しているだと思います。そして、心と合わせてスキルも持ち合わせている人たちが最終的にはすごいプロチームを作っているのです。個人プレーが好きな人は個人競技に向かっているだと思います。会社もそうかもしれません。だいたい、私なんて個人競技者の最たるものではないかと思ってしまいます。一人仕事大好きなんですから。

でもそれでは、小さくとも、社長としてイカンのです。

ワンチームになれる会社を目指せる人間にならねば。どこかで、ラグビーのようなチーム競技が好きなんですから、まだうっすら見込みはあるのかもしれません。

岡部泉