白百合醸造さんへ

2019年7月23日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

◼︎ワインを語る言葉がすごい

白百合醸造さんへ向かいます。日本で飲もう最高のワイン2019でプラチナ賞を受賞した勝沼のワイナリーだんです。
「日本で飲もう最高のワイン」は、『日本で飲める最も美味しいワインを探そう』をコンセプトに専門家と愛好家の審査員が、国産ワインや輸入ワイン或いはブドウ品種ごとの評価ではなく、日本国内で手に入る全てのワインの中から一番美味しいワインを選ぶワイン品評会です。その2019年度の品評会において、「ロリアン マスカット・ベーリーA 樽熟成 2018」がプラチナメダルを受賞したのです。

昨年、白百合醸造さんの白ワインと赤ワインをあめやさんでワインボンボンにしました。そのパッケージをデザインさせてもらいました。今年のロリアンワイン祭りでも販売されるそうです。

運転手をしてくれている当社食いしん坊さんには、申し訳ないのですが早速試飲をさせていただきます。日本のワインは日本の風土から作られるので、和食に合うように思います。女性醸造家さんにワインの説明をしてもらいます。ソムリエさんのワインの表現にも感心しますが、醸造家という立場からのワインの説明はまた異なり、さらにリアルです。作り手ならではの細かな表現に驚きました。柑橘の果物の皮と実の間のふわふわした白い部分のようなやわらかな優しい酸味と香り。えっこんな表現なんだ。でもなんとなく合点がいきます。さすがです。こんな感性こそがプラチナ賞をとるワインに育てるのでしょう。こちらでもワイン愛を強く感じました。

岡部泉