宮古島へ

2019年7月10日 | izumi | あめやえいたろう物語, イエローデータデザイン日記

◼︎マンゴー共和国

今日は、長いおつきあいとなった日本橋の和菓子屋さんのブランドであるあめやさんの仕事で宮古島にきました。あめやさんのあめには日本の地域の名産果物がたくさん使われています。「あめやルーツ」というプロジェクトを作りました。あめやで使われている食材とその生産者さんを訪ねることで、あめやのルーツ、根っこになっているものを詳しくご紹介していくという企画です。

そのひとつであるマンゴー。日本一のマンゴー生産量を誇る宮古島をマンゴー共和国と名付けています。マンゴーの好きな人が国民になれるのでしょう。

沖縄というところに何十年ぶりに来ました。遠く遠く、若いころにダイビングなんてものをやっていて、石垣島とか西表島とか慶良間諸島とかで潜ってました。ダイビングは楽しかったかというと、どちかというと怖いという方が近かったと思います。この波に逆らえないな、、あの船まで泳いでいけるんだろうか、、なんて。その苛酷さにちょっと向いていないな、、命と引き換えだなぁ、、と思っていました。もともと潜りは、子供のころから川でも海でも好きでしたが、どうやらシュノーケリングの世界の方が自分の器にあっていたと思います。

そんなことを飛行機の中で思い出しながら、宮古島に到着。肌寒かった東京とはうって変わって、蒸し暑くサウナに入ったような気候です。日本というより亜熱帯のアジアにきた感じです。初めての土地にはワクワクがあります。それぞれにその土地の匂いがあります。それは和辻哲郎的にいえば、風土なのかな。物語なのかな。ここはどうかな。橙色の瓦と漆喰が琉球王国を思わせます。おっと今はマンゴー色といった方がいいのかな。とうきび畑が風にざわざわと揺れています。まだ少し背の低いとうきび、収穫はもうすこし先なのでしょうか。青い海が見えてきます。砂山ビーチです。日本一綺麗な海です。なんとサラサラした細かな白い砂。この国は青と白と緑で構成させれている。

もちろん仕事のために来ているのですが、南国の青い海を見てしまうとよりリゾート感が強くなってもう、楽しまなくっちゃという気分になります。一緒に行ったお仲間のサラリーマンスラックスと革靴がこのビーチにはおかしなものに見えます。俺たち、場違い、なにやってんのって気持ちになるらしいです。そこでTシャツとビーサンを買いに行く羽目に。サラリーマンだってこのとことん青い海を目の前にしたら裸足になって、砂と格闘したいよね。ひっそり小さく青い海ではしゃいでいました。せめてもの小さな反抗ですね。いいんじゃないの、飛び込んでしまいなさい。

さて、マンゴーの取材もしっかりやりましょう。

岡部泉