ドラゴンアイ

2019年6月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 未分類

◼︎果たして今年の目はどうだ

八幡平の頂上には幾つもの沼があります。その一つ、鏡沼。鏡沼という名前よりも今はドラゴンアイという名前の方が通っています。ドラゴンアイという名前は台湾の観光客の方がつけてくれたそうです。遅い春に、その名が正しいことがわかります。大きな丸い沼に張った雪に積もった氷が溶けて押し上げられてきて、周りの溶け出した水に青い空が映り、それはそれは大きな青い龍の眼のようなのです。

気候によってその溶け出し方が違うので、毎年ドラゴンアイ占いのように形が変わって見えるのです。去年は少し片目流れのドラゴンアイでした。今年はどうかな。。
今年は雪がたくさんあったわりに、急に暑くなり雪の状態が悪いようです。それでも今は6月9日。東京は夏のような暑さです。しかしここはまだ 、冬の国。雪で覆われています。
八幡平の頂上に行くとたくさんの人がドラゴンアイを囲んでいます。
危険ということで柵が今年から設けられました。少し残念ですが、人気が出た証拠。

今年のドラゴンアイは、虚ろに空を見上げています。この異常気象を憂いているのか。。

岡部泉