無冠

2019年4月28日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

■何も認められるものをもっていない

こうして、碧の座という案件を立ち上げて、5月1日にグランドオープンします。令和元日です。北海道の新聞に全段の落成広告がでます。ゼネコンさん中心にした落成のお知らせです。ラフがあがってきました。落成広告をつくっている会社の方に言われます。あれだけやってもいつでも岡部さんの名前は上にいかないんですねと。なんだか気の毒ですねと。

私は一級建築士でもなければ、これといった建築系の資格はありません。建築以外にも何もありません。賞をもらったこともありません。なしなしです。無冠というのが清々しく感じるくらいです。

しかし、世の中はそうもいかず、無名な人間では認めようがないのです。日本では特に資格偏重が強いと思います。どんなに現場の中心にいて皆を先導していても、何も資格がないと軽く扱われがちです。

竣工式と落成広告の時とレセプションパーティの時が一番嫌です。大勢の人が集まると必ず序列ができるからです。どうでもいい人たちが集まってきて、資格という色眼鏡で、どうでもよく人をランク付けする時です。

ゼロから生み出すことの価値は認められないのだろうか、当たり前のルールを守るだけよりも、これまでにないものを生み出すことの方がどれだけ面白く責任が重いのかと思います。
建築業界はいつまでも古い世界です。

もし私がこの碧の座で、賞をもらえるとしたら、「いっぱい考えたで賞」なのではないかと思います。そして、私が最も賞をあげたい人は、一緒に現場をやってくれたY君に、「一番頑張ったで賞」をあげたいです。
そして、現場の所長並びにみんなに、「現場敢闘賞」をあげたいです。名も無き我々こそ、底辺を支えてきた称えるべき存在であることを、ここに記したいと思います。

岡部泉