ザ・職人

2019年3月12日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 未分類, 碧の座物語

◼︎久住さん、こういう人は滅多にいない

碧の座の工事も終盤をむかえます。終盤というのは足場が外れる時。そのあとはひたすら床をはって仕上げていきます。

その終盤にむかって、ラウンジの暖炉カバーをつくります。今回は初の土壁暖炉です。テーマは縄文。いろんな絵を描きましたが、これでいいかと思うところまできました。

土壁を久住さんにお願いします。今日は久住さんと打ち合わせをする日です。私が描いたスケッチを送ってあります。しかし、久住さんも縄文というテーマにそってスケッチを用意してくれていました。

久住さんのスケッチはとても複雑で凝っていました。それも面白い。でも久住さんは、やっぱりこっちがええな、さすがや、と私のスケッチをみて言ってくれました。いい人です。

こういう仕事は大好きです。わくわくするのです。高度な技術と熱意がある仕事。時間を超えてまで熱中できる仕事。これこそ私が求めていた仕事です。ほんとに楽しい。東京にいるといつもお世話ばかりです。でも工事現場には、たくさんのプロフェショナルがいます。
その最高峰である久住さん。

6メートルもある暖炉の円筒の土壁。原寸大にして私の絵を描いてくれます。二人で床に這いつくばって縄文文様のカーブを決めたりしていると、おかしな熟年のオタクという風情です。

さてさて、明日からこの原寸大のペーパーをあててトレースしていきます。縄文暖炉の始まりです。

岡部泉