3月11日

2019年3月11日 | izumi | イエローデータデザイン日記, ソウルオブ東北

◼︎追悼

あれから8年が経ちます。長いようで短い時間です。あの日を忘れることはありません。あの日の14時46分。一体何が起きたんだというあっけにとられたような感覚。とてもない出来事がリアルにおきている。それも私たちの近くの地域で。心が大きな杭でうち抜かれるような苦しい気持ちになりました。

ほんの少ししか離れていない同じ日本の国でおきた大きな不幸な出来事に、多くのひとが苦しんでいる、悲しんでいる。
一体何ができるんだろうか。何もわからないままに、東北へ向かいました。

今日、震災直後から通っていた漁協の方からメールをいただきました。

「8年経っても、被災地は防潮堤が完全に完成した場所などなく、30年以内に東北から関東にかけて、マグニチュード7クラスの地震発生の確立が高いなど、不安材料は膨らむばかり」「自分の子供には二度、災害に遭わせたくない」とそのメールには書かれていました。
まだまだ不安は続いているのです。
それは東北だけでなく東京も関西地区にも考えうることです。

私たちが今できることは、この現実を知ること、そして前に進むことだけです。

この大震災が私を大きく変えたとおもいます。こうして8年、東北に通って何も成果はなかったかもしれません。しかし、大切なものは何かを知ることができました。そして自分の置かれている立場が恵まれたものであることに感謝をして、もっと頑張れるようになりました。

今も悲しみをかかえている方々に、心より追悼の意を表します。

岡部泉