碧の座工事会議3

2019年2月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎さすが久住さん

今日は、久住さんが来る日です。今月からロビーの壁の下地を作り始めています。縄文時代から続くこの地の地層を再現するかのような積層の土壁を作るのです。この間サンプルを見せてもらいました。それはそれは圧巻でした。

それがこうしてここに実現していくのです。久住さんが来て現場へ案内します。すぐさま足場を登って確認していきます。その軽快な足取りはまさに左官の名手ならではです。
超プロってこういう人のことを言うんです。なまらプロなのです。

現場事務所に戻って、打ち合わせをします。暖炉カバーを土で塗ってもらいます。スケッチを見てもらい、その形を説明しました。打ち合わせも合点が行ったら本当に早い。こここうしたらいいんじゃない、こんなのもできるよとどんどんと話は膨らんでいきます。

本当のプロと仕事をするって本当に楽しい。さらにさらに良くなっていくことを実感できるのです。私は恵まれています。こうして本当のなまらプロと仕事ができるのですから。

きっと明日からノンストップで塗っていくんだろうな。まわりの左官やさんもいい勉強になります。皆さん興味深々だと思います。

明日から、最大の寒波が来ます。土壁が凍ってしまわないようと思います。どうぞ気をつけて。。

岡部泉