碧の座工事会議1

2019年1月21日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 碧の座物語

◼︎石狩の土壁

碧の座のロビーに縄文時代の千歳の地層を切り取ったような積層の土壁をつくります。そのサンプリングを見に石狩にある左官やさんの作業所に行きます。千歳空港から石狩に向かうのですが、北海道は大荒れ。ホワイトアウトです。道路の脇の雪溜まりに車が埋もれています。一体何をどうしたかったのかと思いますが、車の半分は雪の中です。雪の道を進めなくなって諦めたということなんでしょうか。そんな車を何台か見ました。

ようやく左官の会社に着きました。まず一声。すごい!まさに縄文の土壁です。貝塚がそこにあったかのようにシジミが無数にその土壁に埋まっています。ここに縄文の生活があったんだと思うほどです。そのサンプルは左官の王様、久住さんがつくってくれました。本当にさすがです。地層のようなグラデーションもとても繊細な配慮で作られたものです。

ホワイトアウトに疲れた体に一気にエネルギーが湧いてきて蘇ってきました。テンションマックスです。すごいものを見ると私はそんな感じになります。2月から始まる久住さんの土壁が本当に楽しみです。もう目が離せなくなるでしょう。

岡部泉