うめひびき

2019年1月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 奥日田温泉 うめひびき

◼︎いい旅館になった

今日は一昨年11月にオープンした大分日田市にある奥日田温泉うめひびきを運営するおおやま夢工房の社長さんがいらっしゃいました。今年度にやるべきことを打ち合わせします。私がデザインしたJR九州さんの宿は花べっぷに続き二つ目です。

奥日田というだけあって山奥です。梅の里なので、梅づくしの宿というコンセプトを作りました。こんな山奥で大丈夫かなと思いつつ、この地域のランドマークになりたいと思って作りました。そんな心配から1年と少し、今は稼働率80%を超える旅館となりました。本当にホッとしました。こういう時に役割が果たせたなと嬉しく思います。

まだまだ課題はありますが、こうして今もいいおつきあいができることを幸せに思います。私の仕事は、やはり成功してこそなのです。仕事をお願いしてくれたら、どうにかして成功してもらいたいと思うのです。そうでなければ、単なる好きなデザインをやっているだけの人になってしまいます。デザインとは新しい価値をつくりながらも継続できる一歩を踏み出せるステップなのです。

あのベンガラで作った梅干しの色した土壁はどうなっただろうと心配していたら、ゼネコンの所長さんM氏から、新年のご挨拶と一緒にあの梅干し色の壁の画像が送られてきました。「今でもとても綺麗です」と書かれていました。よかった。日田の左官の原田さんの力量があってこそのこの梅干し壁。いい仕事してくれました。
ひとつひとつ、旅館という案件が大切です。その度に面白く難しい場面がありますが、お客様が沢山来てくれてこその旅館です。それが実現できてようやくデザインをさせてもらって良かったと思えます。うめひびき、いい旅館になりました。

岡部泉