クィーンで暮れる

2018年12月31日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎年末もクィーン

一人大掃除をしながら、クィーンを聴く。

なんだか今年後半はクィーン尽くしだったと思います。今日も岩手の友人が私のブログみて急に映画観に行ってきたとラインに書いてありました。今、50歳から60歳くらいの世代に響いているんだなと思いました。映画館だって私みたいなおばさま、おじさま多かったし。

先日もこの世代の方々の話の中で、息子さんが軽音部に入っているということから、私も音楽は大好きということになって、で、観に行った?って聞かれて、それってクィーンのこと?そうそう。。
もちろんですよって言ったらみんなで、急にわぁぁって、嬉しくなって。

この高音が凄くて、でも悲しい、、フレディマーキュリー。2018年の秋冬はフレディがみんなの心に蘇ってきたんだと思いました。息子くん19歳は、俺、また観に行こうかなってつぶやいていました。テレビCMで使われることが多いから若い世代もこの音に馴染みがあるのだと思いますが、親子二世代に響くクィーンなんだと思いました。

こうして年も暮れていきます。また新しい音楽が生まれていきます。
人生そのものがスターである人がまた出てくるでしょう。悲しいほどの孤独と才能を引き換えにしてこそのスター。本当のスターって生き様そのものが感動となってずっと生き続けて、私たちに何かを伝える人のことだと思います。

また来年。苦しみつつも頑張っていこう。

岡部泉