碧の座工事会議

2018年10月18日 | izumi | 碧の座物語

◼︎キウス墓石群

メインの意匠となる土壁を塗ってくれる左官屋さんとの打ち合わせです。今回の現場は北東北縄文遺跡群にリスペクトしたデザインをしています。となるとやはり土。キウス墓石群の近くにある歴史資料館でみた土の積層が展示されています。貝塚のように小さな貝がミルフィーユのように積まれた土に埋まっています。長い時間を示す土の歴史模様です。

この館のロビーにはこんな版築風の壁をと思っていました。まさにこれ!こんなことあるのかなと思いました。夢を見ていたかのように思いました。早速、左官の名手であるK氏にどうかこの土の歴史模様を見に行ってくださいとお願いしました。

まずは現場を見ようということになり、3階まで躯体が立ち上がった現場に行きます。それなりに大きい。こうして躯体が立ち上がってくると緊張感も増してくるというもの。K氏はこの土地の土で作ろうかと言い始めます。すると現場の法面にある土を握って丸めてみたりしています。そしてペロッと舐めたりして。「この土は粘土がすくないわぁ、、難しいかもしれん」と言われますが、試そうということで土を用意しておくことになりました。

こんなことがとても嬉しい。一生懸命でアイデァがあるところがいい。現場はこうしてドンドンと熱くなりいいものへと育っていきます。いいメンバーが揃ってきました。どうぞよろしくお願いします。

岡部泉