資本主義の未来

2018年10月7日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎ついにやってくるAI時代

切ない労働者である私は日曜も働いています。家に帰るとNHKで資本主義の未来という番組をやっていました。AI時代の話です。興味深々。。
2030年には、AI化が進んで30%の人の雇用が失われるらしいです。その速度がどんどん加速していくと、一体どうなるのかというと、労働者がいなくなって買い物もできなくって富は循環しなくなり、資本主義が崩壊するってこと。。ロボットを持つ一握りの富裕者との格差が今よりも広がっていくらしいです。すぐそこに、SFだった世界が見えてきました。

一体どんな職業の雇用がなくなってしまうのかというと、銀行、事務職、税理士、行政書士、、など知的でルールが決まっている仕事。90%がAIに変わるというのです。

ではどんな仕事が残るのかというとやはり心に触れるような仕事。コンサルティング、デザイナー、料理人、介護など。人間にしかわからない心の仕事をする人ってことなんでしょうか。
しかし、心配なのは、今極めてぎゅーーと人と人が触れ合わない時代です。人間の心に触れるような仕事は本当に一所懸命やってないとできないのです。権利と時間だけを重要視する仕事をやっていると、次のAI時代を生き抜けないかもしれません。人間の心に触れられる仕事をするには、ともかくたくさんの経験をして自分の心をたくさん使わないとダメなように思います。

岡部泉