終活断捨離

2020年5月16日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎片付け大作戦も終わりのため

連休中は片付けに専念しましたが、最近は仕事が終わって夜中に少しづつ続けています。このコロナが収まってくれるころにすっきりとしていることでしょう。

この断捨離は単なる断捨離ではありません。私が終わってしまっても誰にも迷惑をかけないように綺麗にしておくためです。終活断捨離なのです。残されるであろうT君には、リストにして印を三段階でつけてあり、この印のものは中身も見ずに捨てる、この印のものは欲しい人がいたらあげる、この印のものは高い価値のあるものなので会社で使う、または売る、、と伝えてあります。高い価値のあるものって一体なんだっていうと、昔のいい手の器であったり骨董品であったりするのですが、これも誰もいらないかもしれません。

そんなことを考えながら片付けをしていると、仕事をしているような気がして毎日、計画通りにできるものです。終わりがあると思うと気持ちも落ち着くものです。

岡部泉