岩手から

2020年4月17日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎無感染国、いわて

東日本大震災の支援活動からの友人から連絡ありました。岩手でほろほろ鳥の飼育をしています。田植えが終わって電話をくれました。「元気そうでよかったぁ」とまず一声。私はそんなにへこたれていません。
彼の鳥はグランメゾン東京(キムタクさん主演のテレビドラマ)で白レバーと茄子のテリーヌになっていました。東京の有名レストランで扱われています。しかし、この新型コロナウイルスでいろいろなお店が休業になって、出荷が滞っています。私よりもずっと悩んでいる様子でした。

岩手県はついに唯一の無感染国になってしまいました。感染病棟が少ないので用心が必要とのことでした。なぜ岩手は無感染国なのかという議論はいろいろあると思います。もともと他県からの流動人口も少ないこともあるもあるかもしれませんが、一番大きい街である盛岡はコンパクトですが、清潔な街である印象があります。それと無口である県民性もあるかもしれません。

こんな有事の時は、何かに気づく時なのです。ひとが高速に移動を可能にしたこと、自然の中にとどまることができなくなった生物やウイルス、その居場所を奪っているのは人であること。してはいけないこと、しなくてはいけないこと、自分たちの生活、ビジネスは正しいのか、そんなことを考える時です。

そんなことをたくさん話しているうちに、友人は元気になりました。

岡部泉