リモートワーク

2020年4月14日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◾︎自覚なき自由

リモートワークというものは各人の素養が出て難しい。時間が自由だということで、もともと変わった人材が多い当社。囲いがあって統率というものが取れたいたような気がします。
自由に羊ちゃんたちがでんでにお出かけしているという様相。

電話もでない、たまにかかった!と思ったら、電話の向こうで「ヨーグルト!ヨーグルト!」と叫ぶ子供の声。「さっきヤクルトあげたよね!」というT。また、「ヨーグルト!ヨーグルト!」と叫ぶ子供の声。どんだけ腸内環境を整えてるんだ。。

それで、「じゃぁ、また」と電話はヨーグルト優先で切れていく。今日やっていない仕事を確認しようと思ったのに。。進まない。

リモートワークは育児休暇だったんだな。。自覚なき自由は、崩壊を招くな。パソコンあるなし、スキルあるなしに関わらず、当社にとっては、個々の認識に左右されるリモートワークは、社員の責任という認識を育ててからでないと成立しないものだとおもいました。残念、、

岡部泉