葉室麟 蜩の記

2019年8月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎生きる美学とは

勧められて葉室麟さんの小説を読み始めました。まず1冊目は「蜩の記」。葉室麟さんの小説は、武士の生きる美学を通して今の時代に襟を正す、そんなミッションを持っています。
私は一旦読み始めると最後まで読み終わりたくなるのです。そんなこんなで朝方になってしまいます。だからいろんなことに夢中になりたくと思うのはバランス悪いせいです。寝不足で仕事が中途半端になってしまいます。

それでも、本というものは違う世界へ連れて行ってくれます。「蜩の記」は、無実の罪で命を限られる武士の話です。しかし、死んでも尚残された人たちにその意思を残しつづける。。正しく生きるということって何か、正しいということは何か、、そんなことを考えさせられます。しかし、今は、こういう美学をリアルに理解できる世の中じゃないのも残念ですが。

岡部泉

ブロッサム 日比谷

2019年8月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎内覧会

今日は日比谷にできたJR九州さんのホテル、ブロッサムの内覧会です。モダンなしつらえとアートのあるホテルです。このホテルをここまで完成させるにはたくさんの人たちのご苦労があったと思います。新しいホテルを見せていただくのはとても勉強になります。

内覧をさせていただき、試泊もさせていただきます。部屋からはビルの木立が一望。

都会育ちのT君があそこのビルだけど、あれがうち、そしてその手前のビルが母親で、そのまた少し離れたところが弟のビル。みんなのすんでるところが見えるよね。。ああもっと手前のビルが前もっていたビルね。あああ、、、、いつも失敗ばかりしているのに、なんだか誇らし気なところが癪に障ります。

また格差を感じます。才能があって貧乏なのと、才能はないけど金持ち、どっちがいい?って聞いたら即座に金持ちだろってこの人は言うんだろうね。

どちらも中途半端な私ですが、それでもやれることだけを一生懸命やろう。
試泊させてもらった素敵な都会の部屋で、私は武士の魂を描いた「葉室麟」さんの小説を読むことにします。生きて花、死んで香り。そんなことを思います。

岡部泉