あっ終わる

2019年6月30日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎一体なにをしていたんでしょう

あっという間に6月が終わります。何があったんだ、、思い出せないほど雑用がありました。これっといった新しいプロジェクトが開始したわけでもなく、終わっていく。
ひたすら会社と以前の仕事の追いかけをしているうちにおしまい。

ああ、、充実とはむずかしいものです。

岡部泉

ドラゴンアイ

2019年6月9日 | izumi | イエローデータデザイン日記, 未分類

◼︎果たして今年の目はどうだ

八幡平の頂上には幾つもの沼があります。その一つ、鏡沼。鏡沼という名前よりも今はドラゴンアイという名前の方が通っています。ドラゴンアイという名前は台湾の観光客の方がつけてくれたそうです。遅い春に、その名が正しいことがわかります。大きな丸い沼に張った雪に積もった氷が溶けて押し上げられてきて、周りの溶け出した水に青い空が映り、それはそれは大きな青い龍の眼のようなのです。

気候によってその溶け出し方が違うので、毎年ドラゴンアイ占いのように形が変わって見えるのです。去年は少し片目流れのドラゴンアイでした。今年はどうかな。。
今年は雪がたくさんあったわりに、急に暑くなり雪の状態が悪いようです。それでも今は6月9日。東京は夏のような暑さです。しかしここはまだ 、冬の国。雪で覆われています。
八幡平の頂上に行くとたくさんの人がドラゴンアイを囲んでいます。
危険ということで柵が今年から設けられました。少し残念ですが、人気が出た証拠。

今年のドラゴンアイは、虚ろに空を見上げています。この異常気象を憂いているのか。。

岡部泉

苦しい方へいく

2019年6月5日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎それはなぜと問いたいです

いつも安全な道よりも、不安定で先が見えない道を選んでしまいます。選んでいるというより気がつくと道標も見ずに暗黒の道を歩いています。

なんと因果な生き方でしょう。それに気がついているというみっともなさ。めめしいです。大物はそんなことも関係なく和我が道を行っているのかもしれません。
こんな小者な不幸好きはきっとそれは一生続くのです。自分にハンディがある人がそうなるかもしれません。そんなことが自分には似合っていると思っているのかもしれません。負い目があるのは仕方ありません。社会に不適合と言われても仕方のないように思います。

小学生の時になりたい職業は、山の百穴に住む人であったり、炭焼き職人であったり。そして中学になったら、ただの善良な人でありたい、ただそれだけと言っていたのですから。夢とかそんなキラキラしてものはありませんでした。
ひたすら一人でした。近くの木にのぼり、小川の魚を追いかけ、時々絵を描き、夕方まで一人で過ごしていました。こんなことをすごく覚えているのもおかしいですが、夕焼けの景色が時々浮かんできます。

そんな人が会社の代表をやっていたら、社員も大変です。理解できませんよね。おかしいです。
でも誰よりも会社を好きで、仕事が好きで、誰よりも働くことがせめてもの私の勲章です。

岡部泉