令和という時代

2019年5月3日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎あらためて平成を振り返る

平成を振りかえっておもうのは、東日本大震災です。あれほどの大きな災害が自分が生きている時代に起きるとは思いもよりませんでした。あの衝撃は忘れることできませんでした。
そして、東北に向かうことでわたしの人生は大きく変わることになりました。

平成という時代は、日本に戦争がなかったから平和だというわけではありませんでした。世界には平和でいられない国がたくさんありました。今も国を追われる人たちがいます。不幸なことから学ぶことがたくさんあります。だからこそ、ぬくぬく生きていたくないのです。

わたしが世界の平和のためにできることは、これといってなく、何の役にもたちません。ただ、今も悲しみに暮れている人たちのことをおもうと、この平和な日本に暮らすものとして、決して怠けないでいたいと思うのです。できることは仕事しかないので、今日も仕事します。

岡部泉