節分

2019年2月1日 | izumi | イエローデータデザイン日記

◼︎鬼は外なのか内なのか

もう節分がやってくる。もう一月があっという間に駆け足で去っていきました。鬼は外?いやいや内にいますよ。我が身に鬼はいます。鬼いてくれないと困るんです。怠けないように自分を律してくれる鬼が必要です。

お正月に社員の子達と楽しくおせちを食べたのは一体いつ?遠い昔のような気もするしつい昨日のことのようにも思えます。
ただひたすら、時間との競争でした。北海道の旅館の立ち上げと会社のみんなへの仕事の割り振り。そんなことに毎日毎日忙殺されています。頭が細かく細かく分割されて、脳細胞がどんどんと落ちていってまた生まれてくる。いやいや細胞分裂は落ちる方が分量としては多いかな。

そして2月も3月も4月も、もっともっとこの細胞欠落は加速されるに違いありません。
ようやく落ち着くのが5月。旅館の開業です。そして大連休。まだまだその後の改善しているんだろうな、、あああ、、、この連休意味あるのって思っているに違いありません。その時にはもう一年の半分が過ぎています。
一体その時はどうなっているんだ?と思うと胃が痛いです。とても満足しているのか、ああまだやり足らなかったのかと後悔しているのか。10年後のタイムカプセルはいらないです。半年で十分な変化を見ることができます。

まずは潤沢な経済があって、いい会社になっていたいし、みんなのチームワークが固まっているといいなと思います。

岡部泉