碧の座工事会議2

2019年1月9日 | izumi | 碧の座物語

◼︎一休で予約始まる

今回の旅館はこれまでで一番高級な旅館です。高い部屋は22万もします。そんな部屋って誰が予約してくれるんだろうと思っていたら、日本もすごい。一休で予約が始まったら高い部屋から埋まっていくそうです。それも連泊だったりして。

そんな話を聞くと逆に不安になります。大丈夫、、わたし。。ちゃんとできるのかな。お客様を満足させられる旅館になるのかな。。
そんな不安に襲われつつ、現場は動いていきます。現場を歩くのが好きです。コンクリートの壁の向こうに自分がデザインする空間が浮かんでいきます。

しかし、意外な事もあります。えっ何これっ、こんなはずじゃないかったと思う事もあります。しかし、それもまた工事には付き物です。ひとつ崩れていくとドミノ倒しのように変わってきてしまうのです。でもそれでもどこかでバランスをとらなくてはと必死に考えます。

わたしの北海道の旅館には必ず暖炉があります。こんなに暖炉をデザインする人っていないんじゃないかと思うほどです。今回の暖炉はらせん状に上がっていく格子が暖炉カバーとしてデザインされています。このらせん状のデザインが難しくようやくできたと思いました。しかし、消防からの指摘で、火元からの離隔距離が思ったより大きくデザインのバランスが崩れてしまいました。

また新しいデザインを考えることにしました。それもそれでいい感じのものができそうです。何度も行きつ戻りつつ、意外なここだけの空間になっていくのだと思います。

岡部泉